セルフチェック

スマホシンドロームセルフチェック
Q1. 歩行時、下を向いている
Q2. 就寝時、枕元にスマホを置いている
Q3. 上を向いたとき、首に違和感がある
Q4. 正面を向いた状態で、首を左右に向けた際角度に差がある
Q5. 頭痛がある
Q6. 猫背
Q7. 肩が上がらない
Q8. 産後半年以内である
Q9. 首コリ肩コリがある
Q10. 目の疲れを感じる

診断結果

おすすめの施術プログラム
今すぐ無料で会員登録!

診断結果をシェアする

【スマホシンド警報】 診断結果

頻繁にパソコンやスマートフォンを使用するため腕や手に疲れがたまっています。
眠れない、内臓的な問題を併発している可能性もスマホシンドロームでは?
食欲がなかったり、ダルさを感じたりしている人は要注意。こまめにケアが必要です。

【スマホシンド注意報】 診断結果

パソコンやスマートフォンを操作する際の姿勢(フォーム)が良くないかもしれません。
操作している姿勢(フォーム)が悪いことで神経や血管にも悪影響が及ぶ可能性も。
スマホシンドロームにならないように操作中の姿勢に気をつけましょう。

【スマホシンド予備軍】 診断結果

パソコンやスマートフォンを使いすぎている自覚はなくても操作中の姿勢(フォーム)がよくないことが首や肩のコリに繋がっている可能性も。
スマホシンドロームにならないように適度に休憩をとりながら操作し美しい姿勢を心掛けましょう。

【スマホシンド予備軍】 診断結果

このままの生活を続けていればスマホシンドロームの危険性は低いかもしれません。
ですが、油断は禁物です。
スマホシンドロームになりかねない原因を確認し、意識して生活しましょう。