デスクワーカーを悩ませる肩コリ、
まずは肩甲骨をほぐすことから。

デスクワーカーを悩ませる肩コリ、肩甲骨はがしから。

デスクワーカーにとって、肩コリはつらい悩みのひとつ。
1日中お家にこもって仕事をする在宅ワークになると、身体の動きが減り肩コリはより一層ひどくなるかもしれません。

デスクワーク後や、長時間同じ姿勢のままでいた後、上半身がこわばるような感覚を味わった経験がある人も多いのではないでしょうか?
身体の動きが少ないと、肩甲骨まわりの筋肉も含め、全身の筋肉の柔軟性が弱まってしまい、「肩を回そうとすると音が鳴る、もしくは回しづらい」「肩甲骨が肉に埋もれて目立たない」といった状況になってしまうことも。
その結果、首コリや肩コリに繋がると言われています。

肩コリとの関係性が深いのが僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれる、後頭部から肩、背中にかけて広がる筋肉で、肩甲骨の安定に大きく関係しています。
僧帽筋の動きが少なくなると、だけでなく、背中全体までもが凝り固まってしまう可能性も。
それだけでなく、姿勢が悪くなり猫背巻き肩ぽっこりおなかに繋がる場合もあります。

そのため、デスクワーク、在宅勤務の合間に、ストレッチで肩甲骨、僧帽筋をほぐすことが大切です。
自分ではなかなか見えない背中を意識して、筋力をつけ血流を良くすることも意識しましょう。

しっかりほぐす 肩甲骨ストレッチ

《肩甲骨の動きを確認》

手を組むときに、左右で組みやすさに差がる人は要注意。
左右ともにしっかりほぐしましょう。

肩甲骨の動きを確認1

①手の平を裏返して組み、ヒジを曲げずにそのまま腕を上げていきます。

肩甲骨の動きを確認2

②ウデが頭の真上になり、耳が見えるくらいが理想。

肩甲骨の動きを確認3

③ウデを伸ばしたまま身体を横に曲げ、左右に5往復行いましょう。

《肩甲骨を寄せるストレッチ》

座ってできる、簡単ストレッチ。
ヒジを後ろに引くようにして、肩甲骨を寄せるように意識しながらゆっくりと5回行いましょう。

肩甲骨を寄せるストレッチ1

①手のひらを外側に向けて両手を上げます。

肩甲骨を寄せるストレッチ2

②ヒジを曲げながら横に下ろします。

《壁を押して引いて》

肋骨と肩甲骨をつなぐ筋肉をほぐすストレッチです。
途中でヒジを曲げたり、首を前に出さないように気をつけて5回繰り返しましょう。

肩甲骨ストレッチ

①両手を壁につけて立ちます。

肩甲骨ストレッチ2

②ヒジは曲げず、肩甲骨を寄せて身体を壁に近づけます。

肩甲骨ストレッチ3

③壁から身体を遠ざけるようにして肩甲骨を離します。