施術プログラム

骨盤KIDSプログラム
骨盤KIDSプログラム
期間

まずは1週間に2回、1ヶ月間を推奨しております。ただし個人差がありますので、先生と相談して回数、期間を決めましょう。

施術期間

1回の施術時間は15分です。初回の姿勢チェックは時間がかかりますので姿勢チェックがある時はお時間に余裕を持ってお越しください。

効果

施術後は、身体の可動域やバランスの変化に気づかれる方が多いようです。

推奨年齢

推奨年齢は6歳~10歳です。保護者の方同伴でお越しください。

骨盤KIDSプログラムを受けられる院を探す

なぜ、子どもにとっても骨盤が大事なの?

骨盤に限らず、子どもの骨はきちんと固定されておらず、バラバラの状態。
体の成長とともに骨もつながり成長していくため、バランスが悪い状態で固定してしまうと、痛みや違和感の一因となる可能性も。 また、骨盤がゆがんだまま成長すると体幹が安定しないだけでなく、筋肉バランスが崩れて体にかたさが生じやすくなるため、柔軟性も低下しがち。
すると、縄跳びや跳び箱、逆上がりが苦手…というように運動パフォーマンスが低下しやすくなるほか、 筋肉も緊張しがちになるため、成長痛の原因にもなりかねません。

一般的に、骨盤が完成すると言われているのは20歳前後。 成長期に負荷をかけ過ぎずに骨盤周辺の環境を整えておくことが、成人後の腰痛や不調を防ぐ重要なポイントなのです。

(HONEY-STYLE31号より抜粋)

成長痛を和らげるためにも、
骨盤を含めたアプローチを

成長痛とは、骨が伸びるスピードに筋肉の発達が追いつかず、筋肉が引っ張られる際に発生する痛みのこと。 そのピークは8歳から10歳頃と言われ、ヒザや向こうずねの痛みなど、下肢に発生する痛みは骨盤に原因がある場合が多いそう。
その場合、骨盤がゆがみ、傾くことで周辺筋肉のテンションに影響し、筋肉がかたくなることで痛みが発生するため、 湿布やスプレーなどの対処療法だけでは根本的な改善が望めません。まずは、全身の動きの基礎となる骨盤を整えるのが先決。
また、中には子どもでは自覚しにくい成長期特有のトラブルもあるため、 成長痛のケアは痛むところだけを処置するのではなく、骨盤を含めて、体のバランス全体にアプローチをすることが大切です。

姿勢チェック

施術前に様々な姿勢チェックを通して、現在の骨盤の状態を確認します。
※姿勢チェックは初回と1ヶ月後に行います。

姿勢写真
姿勢写真

姿勢分析シートの前で背面、横向きで2枚撮影します。

立位チェック
立位チェック

先生の指示に従い、無理せずゆっくり行ってください。

ベッドチェック
ベッドチェック

日常生活のお悩みなども、ご相談ください。

施術

姿勢チェックの内容に沿って、施術をしていきます。

ストレッチポールを使って施術をしていきます。
ストレッチポールを使用
ストレッチポールを使って施術をしていきます。
腹式呼吸の練習もします。
腹式呼吸の練習もします。
スイングストレッチを使って施術をしていきます。
スイングストレッチを使用
スイングストレッチを使って施術をしていきます。

セルフケアのご説明

サポートノート
プログラムを受けられる方にプレゼント!
サポートノートを使って生活習慣やストレッチのご説明をします。
施術の振り返りを行います。身体の状態に合わせて、生活習慣の注意点や、自宅でできるストレッチもご紹介します。
※詳細は院にお問い合わせください
骨盤KIDSプログラムを受けられる院を探す

その他の施術プログラム