外反母趾プログラム

接骨院で受ける外反母趾プログラム
期間

まずは1週間に2回、3ヶ月間を推奨しております。ただし個人差がありますので、先生と相談して期間、回数を決めましょう。

施術期間

1回の施術時間は約15分です。

効果

個人差はありますが、1ヶ月ほどで変化が出てくる方が多いようです。継続して通院することが大切です。

施術時の服装

脚を上げたりする施術がありますので、動きやすいパンツスタイルで来院されることをおすすめします。

外反母趾プログラムを受けられる院を探す

どうして外反母趾になるの?

健康な足裏には3つのアーチがあります。くずれると外反母趾になる可能性も。本来、足の裏は内側の縦のアーチ、横のアーチ、外側の縦のアーチの3つのアーチで構成されてて、それぞれのアーチが着地時のショックを吸収・分散することで全身のバランスを保つと言われています。ところが、慢性的な運動不足やカカトが不安定な靴を常用することでアーチがくずれると、足指がうまく使えない可能性がアップ。外反母趾をはじめ、浮指、偏平足など、様々なトラブルを招く原因になることも。
足裏に正常なアーチがあれば歩行時の衝撃吸収もスムーズですが、外反母趾になるとアーチがくずれてしまい、うまく衝撃を吸収できない状態になっている場合も。すると、ヒザや腰などの関節に着地の衝撃が直接響くため、痛みや不調を感じやすくなることもあります。
また、外反母趾の部分をかばうように歩くことで脚自体が変形してしまうこともあると言われており、O脚やX脚に発展してしまう場合も。こうしたケースを引き起こさないためにも、日頃からアーチを意識した歩行や靴選びを心掛けましょう。
(HONEY-STYLE27号より抜粋)

パンプスは手放せない。
だからこそ、放置しないように

スラッと足がきれいに見えるパンプスは女性のおしゃれには不可欠。ただ、ヒールだけでは身体を支えきれずに、足指の根元にグッと圧力がかかっているのを感じている人も多いのではないでしょうか?
そうなってしまうと歩行時はカカトからつま先へと体重移動しながら接地するはずが、できなくなってしまうことも。そのために、女性は足裏トラブルが起こりやすいとも言われています。 トラブルを起こさない、または悪化させないためにも、パンプスを履いた日の夜は足裏エクササイズを必ず行う、毎日履くのではなく「ここぞの日」だけ履くようにするなど、工夫して取り入れることが大切です。
(HONEY-STYLE27号より抜粋)

外反母趾チェック

様々なチェックを通して、現在の足の状態を確認します。

足裏チェック
足裏のアーチチェック

片足を測定板に乗せまっすぐ立ち、軽く足を曲げ測定します。

足の浮き指チェック
浮き指チェック

立った状態で、足指を持ち上げます。日頃からバランスよく立っていると指が浮きません。

外反母趾プログラムの施術

姿勢チェックの内容に沿って、施術をしていきます。

足指の調整
足指の調整
足の指をひっぱり、ひっぱった状態のまま指をねじっていきます。
カカトの調整
カカトの調整
カカト周辺の筋肉や関節をほぐしていきます。
ふくらはぎの調整
ふくらはぎの調整
痛みを感じた場合は無理をせず先生に伝えてくださいね。

外反母趾対策のセルフケア

外反母趾対策のストレッチを掲載したサポートノート
プログラムを受けられる方にプレゼント!
サポートノートを使って生活習慣やストレッチのご説明をします。
施術の振り返りを行います。身体の状態に合わせて、生活習慣の注意点や、自宅でできるストレッチもご紹介します。
※詳細は院にお問い合わせください

外反母趾プログラムのクチコミ

クチコミガイドラインをみる

外反母趾プログラムを受けられる院を探す

その他の施術プログラム